地球の共通言語は笑顔!

思わず感動した事や面白いと思った話題を綴っていきます。

*

道路標識が変更!?グローバル化に向けて警視庁が検討中

      2017/01/25

「止まれ」標識が八角形に? 東京五輪向け警察庁検討
東京新聞 2016年1月21日 朝刊 社会面より

要は海外からの旅行客が増える東京オリンピックの時期に併せて標識を変えようっていうことらしいです。

例えば一時停止の標識は欧米では八角形が主流です。
日本のような逆三角形ではない為、紛らわしさをなくすって事ですよね。

これって例の「おもてなし」の為でしょうかね?後はグローバリズムですね。

なんかちょっと待ってよ!って言いたくなりませんか?

ただ国がお金を使うということは、それだけ国民にお金が流通することになるのでデフレ脱却の足しにはなるとは思いますが・・

東京オリンピック2020

東京オリンピック2020

Sponsored Link

現在の標識

現在の標識は1963年から採用されていて、もう50年使っています!
そろそろイメージチェンジもいいかも?

ちなみに「一時停止」の標識は全国で約170万か所あって、すべてを八角形に交換すると費用は約255億円かかるそうです

標識01

「うーんいっぱいあるんだ」と思わず声が出ちゃいますね。

また、現在のローマ字表記も外国人に意味のわからないものはどんどん変更されています。

「3丁目」の「3TYOUME」→「3」や
「通り」の「DOHRI」→「Ave.」などですね。

なんか外国人に媚び売ってる気がするのは自分だけでしょうか?

標識02

Sponsored Link

フランスの場合

世界屈指の観光大国のフランスでは案内表記がほとんどフランス語だけだそうです。
観光地以外の町の人はフランス語しか話さないそうですし、なんか自国に対する愛国心というかプライドみたいな物を感じます。

まあ、フランス人らしいお高く留まっているイメージも若干しますね。

標識03

まとめ

まあ、日本に観光客が来てくれることは個人的にはうれしいんですが、
ちょっとやりすぎっていう気がしないでもありません?

でも事故が減少するのがなによりだとは思います!

Sponsored Link

 - 社会問題 , , ,