地球の共通言語は笑顔!

思わず感動した事や面白いと思った話題を綴っていきます。

*

流行語大賞2015。「爆買い」の発信元ラオックスの「羅怡文社長」って誰?

   

流行語大賞

今年の大賞は
トリプルスリーと爆買いが選出されました。

トリプルスリーはプロ野球の柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)、山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)の
二人の貴重な記録に対して賞賛の意味もあって、別に違和感はないのですが、

もう一つの爆買いの羅怡文って?ラオックスが何か関係してるの?

と気になったのでちょっとリサーチしてみました。

・羅怡文(ら・いぶん)って?

ラオックスの羅怡文社長

ラオックスの羅怡文社長

 

羅怡文さんが現在のラオックスの社長さんなんですが、
この方は上海の大学を卒業後来日され東京大学の研究生になられています。
留学目的だったそうですが、そのうちに日本の魅力に取りつかれていったそうです。

非常に頭脳明晰な方なんですね。

日本では中国語新聞の発行などをする会社を設立し社長さんとなっています。

またそのほかにいくつかの会社を運営されています。

・ラオックスの社長になられた経緯。

ラオックス銀座本店

ラオックス銀座本店

 

ラオックスの社長になられた経緯ですが、
そのうちの一つが当時ラオックスが経営が怪しくなっていた時に、
ラオックスに出資して会社の経営権を取得しました。

ラオックスになんで出資したかというと、当時ラオックスは免税店的なこと始めており、外国人向けに販売することに
力を入れていました。外国人に対して知名度が高くまた、ラオックスのブランド力を評価した結果だそうです。
それが羅怡文さん達の眼鏡にかなって出資することになりました。

・流行語大賞受賞理由

流行語大賞授賞式での社長

流行語大賞授賞式での社長

 

初めて口にした人はテレビのアナウンサーらしいですが・・

爆買いという言葉は外国人(特に中国人)が日本に来て大量にいろいろなものを購入するという行動を指しますが、
マスコミに何度も登場し、株価も上がり、爆買いの代名詞となったラオックスが代表して選ばれたのではないかと思います。
専門用語でインバウンドと言ってますね。

まとめると

行動した人:中国人観光客(大きな意味では外国人観光客)
発言した人:テレビ局のアナウンサー
状況をつくった人:ラオックスの羅怡文社長(その他訪日外国人相手の店舗の人)

でも、これはある意味日本の商品やサービスが外国人に評価されている事と言えますね。
同じ日本人としては誇らしい気持ちになりますね。




 

 

 - エンタメ , , , , , ,